忍者ブログ
Fish Room's
飼っている熱帯魚(淡水魚)の事がメインですかねぇ。ボチボチ続けて行きたいなぁ~と・・・思っているけど、果たして???
ふぅ~。やっと(!?)、お魚ネタです。
以前から(もはや誰も憶えてないか)水槽の模様替え(つーか、魚の入れ替え)をしたかったんで、この連休を機にやりました。点在していたアメシクを金魚達が入っている90cm水槽に入れ、グリーンテラーを単独飼いしていた60cm水槽に金魚達を移動したんです。

先ずは仕切り板の作成。製品を買うとなるとヤケに高いので、機能のみを考慮して、園芸用ネットを代用する事で出費を抑えました。9:00から始めて1時間ほどで3枚作成。下準備完了です。ちなみに、90cm水槽用。
週1回の掃除の日でもあるので、各水槽の掃除もします。魚入れ替え対象の水槽含め、アフリカンシクリッド水槽の濾過槽に汚れが溜まっていたので、折角ヒマなんだからという事で(爆)、濾過槽の掃除もやりました。それが思ったよりも時間を喰ってしまい、移設先の金魚水槽の濾過槽は掃除出来ませんでした(次週持ち越しです)。あ、肝心の(?)自作した仕切り板は若干寸法が大きく、波打ってしまっていますが見事に機能しています。性格上、本来ならキッチリと寸法が合うまでやり直す所ですが、時間との兼ね合いで(16:00位終了)諦めました。まぁ、ご愛敬ということで(爆)
PR
今回は金魚と一緒に飼ってる「鯉」です。
飼っているのは改良品種。観賞用の鯉といえば錦鯉が有名だけど、一応その仲間(だと思うんだけど)で「鰭長鯉」と言います。

ebaf41d0.jpeg前回のコメット同様、各鰭が長いのが特徴。ウチのは、小さい頃はもう少し黒みがかった処もあったんだけど、今は銀一色という感じです。

面白いところは、長いのが鰭だけじゃなくて、ヒゲも長いところですね。鯉だけあって(?)、成長が早いです。グリーンテラーを飼う少し前に幼魚の状態で購入しましたが、現在、赤いコメットと大差ありません(少し小さいけど)。

よく、「水槽で飼ってる魚は、その水槽の大きさで成長が決まる」という事が言われてるんですが、金魚や鯉は正にそうらしいんです。で、飼う事を決めた次第。。。果たしてこの先・・・・(笑)。

以前、飼った事がある魚で(その内、書く事にします)、水槽の大きさなんてお構いなしに成長して困ったのもいましたが。


ということで、今回で現在の90cm水槽の魚は終了です!

でわ~~~
今回も金魚。
「コメット」という種類です。
和金という鮒を赤くした感じの金魚が、金魚の原点なんですが、それに最も近い種類です。

8ba65a7b.jpeg各鰭が長く、その鰭がなびく様子を表現した名前となっています。この写真だと、鰭の長さがちょっと解り辛いのですが・・・。

赤いのと白いのがいます。中央下部に前回の出目金が写ってますが、その大きさの違いがわかりますよね?そうなんです、ウチのコメットはデカイんです(特に手前の赤いヤツ)。尾鰭がカナリ長いお陰もあるんですが、口から尾鰭先端までで30cmを超える感じです。

実は写真を上手く撮れなくて紹介出来ないのがもう一匹いるんですが、このコメットから分かれて出来た「シュブンキン」というのもいます。キャリコ柄なんて言われてたりしますが、透明鱗ベースで水色・黒・赤の三色で構成されています。

で、この鰭が長い3匹組は、実は狙って購入した子達ではありません。じゃーなーに?っていうと・・・・・。以前は「生き餌」しか食べない魚を飼っており(生き餌とは”金魚”だったり”どぜう”だったり”えび”だったり”虫”だったりするわけですが)、その餌用金魚の中から特に、尾鰭が長かったり、キャリコだったり、殆ど真っ白だったりということで、選んで育ててみただけなんです。元の価格は1匹10円(爆)。
この餌用金魚、基本は和金が売られている訳なんですが、その時々でコメットやらが混じっているんですよ(流石に丸いタイプは混じってないんですが)。

とうことで、金魚すくいの金魚も大きくなる可能性が充分あるということで、この辺で~~~
はい、今回も金魚です。
その名は「桜出目金」。出目金なんですが、鱗が透けているタイプ(透明鱗と言います)です。

0ece4453.jpegこいつも小さいんですよ。ランチュウよりも小さいかな。鱗が透明と言う事で、エラや目玉がウッスラと透けて見えるんですよ(爆)。

以前は真っ黒の出目金を飼っていたんですが(出目金と言えば黒ですよね)、4年程たった頃、☆になってしまいました(結構大きくなったんですけどね)。

金魚って比較的小さいイメージがあるかもしれませんが、環境なり飼育方法しだいで結構大きくなるんですよ~。

こいつも一応順調に育ってますね(もっと大きくなってくれれば言う事無しです)。
順調というのには理由があって、実は金魚全般に言える事なんですが、とても病気になりやすいんですよ。「病気のデパート」なんて悪名もあるくらいです。そのおかげで(?)、薬を絶やす事がありません(笑)。丸いタイプの方が弱いですね(体型的に生まれつき無理があるんでしょうから)。

中国で作出された種類は(殆どがそうなんですが)、一般的に水質に五月蠅くなくて適応水温範囲も広く、飼育するのに困りません。大きさにゆとりを持って飼う必要もないし(小さい水槽でOK)、しかも安価で餌なんて(何も考えなければ)何でも食べるんでその点も苦労なし。が、しかし、、、病気には弱いんです(泣)。毎日観察しないでいると、あるとき「おや!??」という事もしばしば。薬で治れば良いんですが、手遅れになることも少なくありません。それに飼育水をとても汚すので、マメな換水と掃除も不可欠なのです。なので、実は金魚って手間が掛かるんですよ!

ということで、今回はこの辺で~~~

さ~て、金魚です。
最初は「黒ランチュウ」。
黒いランチュウです。色以外は特徴ありません(爆)

29e0eb42.jpeg凄く寄って撮ってます。実長5cmくらいのモンです。フラッシュのせいで目が不気味(笑)。

ウチに来てから結構長いこと(でも1年くらいかしら)経つのに、あんまり大きくならないんですよね。御法度といわれている長物(鮒の体型をした金魚を指します)との混泳や水深のある水槽で飼っているのが原因なのかもしれません。事実以前、水連鉢でランチュウを飼っていた事があるんですが、1年でそこそこ育ったんですよね。。。

まぁ、元気なんで良しとしよう!???

でわ~~~
- HOME -
Powered by  忍者ブログ | [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[10/05 どくぺ]
[10/04 くみちょう]
[09/09 どくぺ]
[09/04 くみちょう]
[08/12 どくぺ]
最新記事
(10/03)
(09/30)
(09/21)
(09/02)
(08/08)
最新TB
プロフィール
HN:
Drpepperは最高です
性別:
男性
職業:
リーマン
趣味:
今は魚が一番
自己紹介:
40歳越えのオヤジです。
本来はアウトドアな事が好きなんだけど、何故かここの所、インドアです。
好きなお酒も思う存分飲む事が出来ない身体になってしまい、ホント情けないなぁ~、なんて日々過ごしてるんですね。

ま、ヨロシクです。
バーコード
ブログ内検索