忍者ブログ
Fish Room's
飼っている熱帯魚(淡水魚)の事がメインですかねぇ。ボチボチ続けて行きたいなぁ~と・・・思っているけど、果たして???
先週、花見に行って来ました。
もう今週末で終わりですね。
地元でも満開で、彼方此方と桜吹雪状態でした。

で、今回花を愛でたのは『新宿御苑』。
なんと私は人生初の入場でした(笑)

入場券売り場が激混みで先が思いやられましたが中は意外と空いていて平和でした。






何が平和って、環境ですよ。
中は飲酒禁止なためとっても平和なのです。
やかましい事も無く空気も綺麗で実に良い環境でした。
が・・・、花見と言えば上野やら川沿いやらという状況(=酒盛りしている風景)しか頭に浮かばず、今一ピンと来ないというかしっくりこないというか・・・(爆) この辺で育ちが知れますね(笑)

で、新宿御苑は早々においとましまして、予約してあったお店へ酒を飲みに急ぐのでした。
いや~、最低なジジイ共です。昼間から散々飲み食いして21時頃渋谷を後にしたのでした。
実に楽しかったですよ♪

さぁ、来年は何処だ?
PR
何という事でしょう。
修理依頼していた腕時計が戻ってきました。
なんとも嬉しい誤算でした。

だって、…ですよ。見積もりに約1ヶ月かかったんですからねぇ~。
当然修理だってそのくらいはかかるんでしょう?と思っていたわけですから(笑)
それが2週間弱で戻ってきました。

で、当然、時計は綺麗に直っています。
帰ってきてから約1週間、ワインディングマシーンに入れっぱなしですが停まる事無く時を刻んでいます。マシーンは4パターンのモードから1つ選んで稼働させられるんですが、今までと違うモードで稼働させています。以前も試していたと思うんですが、調子が良いようなので暫くこのままで使っていこうと思います。 ま、要は停まらなければ良いのです(爆)

これからは、他の時計も何かあったら同じ所に修理にだそうかなと。
今回は娯楽のお話です。
先日『落語』を見て(聞いて)きました。
えーーーー!っっっと、友人であれば驚いている事でしょう(笑)
その通りで、自分にはそんな趣味は元々ありません。

奥様がとあるアニメ(最近では深夜TVでもドラマとしてやってました)がキッカケで落語が好きになったんです。一度は寄席に行ってみたいよね~なんて話も出てはいましたが、田舎な我が町には寄席なんてありませんで行く事はありませんでした(爆)
が最近、近所にある市の文化会館(歩いて行ける距離なのです)で落語が開催される事を(タウン誌で)知ったのがキッカケでした。タダ単に落語がやっていると言うだけでは奥様の気持ちは動きませんでしたが、好きな落語家が出演すると言う事を知って『行こうか』と言う事になりました。

↓これがパンフの中身です。
 

奥様のお目当ては『市ba』師匠。前半のとりが出番ですね。
普通、プログラムっていうと演目なんかが記載されていますが出演者の順番しか記載がありません。何でだろ?と思いながらも、なにせ落語初体験ですから誰に聞くでも無く開演を待ちました。

で、開演時間丁度、始まりました。
若手の登竜門なのでしょう、最初は時間も短く正に開口一番という感じでした。可哀想に名前(芸名でしょうか)はパンフにも舞台の垂れ幕にも記載されずでしたが、正直あまり面白くはありませんでした。が・・・・。次から(の師匠達)は其の差歴然でグイグイ話に引き込まれましたよ。

『枕』というんだそうですが、本題の落語に入る前に必ず世間話から入ります。この枕の段階で、その日、何を話すか(演ずるか)各落語家さんは決めるんだそうです(このことは後半一発目の落語家さんが話してくれました)。だからパンフには演目が載っていないんだそうですよ。本場の寄席ではそんな解説は無いんでしょうから有益な情報を聞く事が出来ました(逆に通じゃないと(落語家目当てで来れないと)色んな意味で楽しめないのかな?と感じてしまいした)。そんで、当然本命の方々は、その枕から面白いんです(笑) 各師匠、お客の反応を見て食いつきが良さそうなネタをベースにして落語が始まっていきましたよ(その日の気分で多少は方向性みたいなのがあるんでしょうが)。

市ba師匠の事を少々。
いや~実に良い声でしてね、歌も本当に上手かったですよ。こんな落語もあるんだなという感じ。終始気持ち良かったです。
まぁ、皆さん聞かせる職業ですからね、特徴はありますが聞き心地はそれぞれ良いんです。
それでも最後を飾った唯一の上方(関西)落語家さんは話の中身から違いました。何というか、漫才的な感じでとても親しみやすかったんです。ソレが証拠に??聞いた事無い感じだからなのか分かりませんが、1番笑い声が聞こえてました。自分も1番声を出して笑っていたと思います。それでも馴染みというか何というか真髄(みたいなモノ)は圧倒的に関東の話だと思ったのですが、文化の違いも学べた良い1日でした。

さぁ、これで何日仕事に頑張る気になれるんでしょうか(爆)
もう一ヶ月ほど前になりますかね、持っている腕時計の中の一つが壊れたんです。
何処が壊れたかって言うと、リューズです。
↓このように取れてしましました(爆)


時計は機械式(自動巻き)なので使ってないと停まってしまうヤツです。なので使っていない時も自動で巻き上げてくれる装置(ワインディングマシンと言います)にて停まってしまうのを防止しているのですが・・・・・。安物狙いで買ったせいなのか、何日かすると時計は止まってしまうんですね(笑) なので気付いて気が向くと手で振って巻き上げた後、時刻を合わせてきました。

ある時、いつものように時刻を合わせていると、リューズが突然外れてしまいました。いやー、ビックリしましたよ。で、リューズを拾って時計本体と見比べると、巻真の先に切ってある雄ネジとリューズの内側にある雌ネジが見て取れました。時刻を合わせるためにリューズを回す方向は、時計を見ながらで言うと手前側、時計側面リューズ側から見て左側です。そう、ネジを緩める方向に回していたんです。まぁ、外れても仕方ないか??とも感じましたが、でも時刻合わせくらいで普通は外れねーだろって気がしますよね。釈然としないままリューズを巻真に締め込んでみました。しかし悲しいかな…相手が巻真なんもんで、いつまでも回り続けてしまいます(笑) それでも(トルクは殆どかからないまでも)リューズがねじ込めたので、何度か時刻合わせしていました。

しかし・・・・・、悲劇は突然にやってきました。
何度目かのリューズねじ込み作業の後、『ポロ』っと今までと違う感触でリューズが取れたのです。直ぐに確認すると、巻真に雄ネジが見当たりません。リューズ側の雌ネジは埋まっています・・・。そうです、ネジが折れてしまったのです(汗) 上の写真はその状態です。横からの写真の上側の丸いのがリューズを内側から見た状態です。普通は見る事が出来ません(爆)

もうこなっては自分でどうこう出来るレベルではありません。Webで修理してくれそうな店を物色しました。
最初、「ORISの修理やってます」と書いてあった店にメールしてみましたが、この部品は入手出来ないのでお断りします。。。と速攻で返信が。。。 妙に引っ張られた後で「無理~」と言われるより断然良いのですが、ねぇ~?って感じで。 マジかって事で次に目を付けたお店が『時計修理工房(http://www.w-repair.jp/)』というお店。問い合わせ先のメアドが無かったので、次の日に電話する事にしました。担当の方と話してみると、「一先ず送って下さい」というではありませんか! それで修理の可否(詳細確認)・修理費用の見積もりをしてくれるというのです。嬉しい事に配送用の箱を送付伝票付きで送ってくれるとのことで、至れり尽くせりでした。

数日して箱が届きましたので即座に配送しました。届いたら直ぐに『お預かりしました』とメールが来て(バックオーダーの関係でしょうが)見積もりに数週間かかるとのこと。急いではいませんので気にする事無く見積もり完了のメールが来るのを待つ事約一ヶ月、、、『修理可能で費用は○万×千円程度です』と交換・修理部品の費用明細が届きました。修理費用はお安く感じたので迷わず修理をお願いしました。
いや~、良い修理屋さんに巡り会えて良かったですよ。

これでまた一ヶ月程度、修理から帰ってくるのを待つ事になります。
普段使いする時計ではないのですが、なんだか帰ってくるのが待ち遠しいです。 
何だか間が空いてしましました(笑)

さて、久々のUPネタはシモの話・・・(爆)
毎年恒例、大腸内視鏡検査でございます。(特に写真は無いので文字のみです)

今回は少し遅い検査実施で本来なら昨年の11月頃の予定でした。仕事が忙しめで都合が付くかどうか微妙だったためという、実に日本人らしい理由で延期してました。

では本題。検査は医者側の都合で平日しか実施されません。候補は水曜or金曜。週中にぐったりして週末仕事というのは全くやる気が出ないので金曜をチョイスしました。そして今回、毎回若干憂鬱な検査前処理(下剤による腸内洗浄)を自宅ですることにしました。此奴は必ず病院でスルモノだと思っていたのですが、検査日を予約した時の説明で家でも出来ると言われてそうした次第。病院まで遠いと無理と思いますが、幸いにも我が家から病院までは歩ける距離です。待合所でその日の検査待ちの方々とお互いの状況をチラ見しながら便意と戦う必要が無くなるし、ラフな格好でいられると言うのも利点です(頻繁にトイレへ行くので…)。

して検査当日。朝も早うからセッセと下剤を飲み始めます。暫くして景気よく出始めます(爆)。前日は医者の言う通り、白米・うどん・卵・豆腐以外の固形物は口にせず準備万端で挑みました。が、待てど暮らせど目標の状態に至りません・・・(汗)。これでもかと言うほど水も飲んでいましたが苦しくなるばかりで状況は改善しません。。。そうこうしているうちに受付時間が迫ってきてしまったので病院へ向かいました。

到着して状況を看護師さんへ話しますが『時間が無いので、現状で検査始めましょう』とのお達し。まぁ、病院側が良いと言うんですから気兼ねなく、着替え→麻酔用の管装着と進み検査室へ。横になり麻酔を投入されポワーンとしてから直ぐに尿意が気になってしまい、今回は略覚醒したまま検査されてしまいました(笑)。暫くして『小さいポリープがありますね。切除して良いですか?』と聞かれました。検査前の誓約書にポリープに関する項目があり『あったら切って良いですよ』という内容に同意していたので『はい、取っちゃって下さい』と答えました。小さかったのでハサミで切って終わりました。もう少し大きいと熱線で焼き切るんだそうですが、ハサミで切る方が後でトラブルが起きにくいんだそうで。切除後は尿意との戦いで『もう少しなので我慢して下さいね。他には問題無いですからね。』とか声を掛けられてましたが、いや~辛かたなぁ~(笑)

ということで、今回はメインの病気は問題無かったのですがオマケが付いてしまいました。
御陰で向こう1週間、食事制限が付いてしまいました。

あ、そうだ。オマケと言えば・・・。なんと主治医が3月一杯で病院を辞める(他に移る模様)んだそうです。問題は後任になれる先生がいない(消化器を専門に見れる内科医がいない)とかで、4月以降病院を移る事になってしまったのです。折角家から近くて常に混雑していないナイスな病院だったのに・・・。

あ~酒飲みてー(これも来週末までお預けなのです)。。。
でわ~~~(^^)/~~~
- HOME -
Powered by  忍者ブログ | [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新CM
[09/09 どくぺ]
[09/04 くみちょう]
[08/12 どくぺ]
[08/09 くみちょう]
[07/24 どくぺ]
最新記事
(09/02)
(08/08)
(08/02)
(07/29)
(07/26)
最新TB
プロフィール
HN:
Drpepperは最高です
性別:
男性
職業:
リーマン
趣味:
今は魚が一番
自己紹介:
40歳越えのオヤジです。
本来はアウトドアな事が好きなんだけど、何故かここの所、インドアです。
好きなお酒も思う存分飲む事が出来ない身体になってしまい、ホント情けないなぁ~、なんて日々過ごしてるんですね。

ま、ヨロシクです。
バーコード
ブログ内検索