忍者ブログ
Fish Room's
飼っている熱帯魚(淡水魚)の事がメインですかねぇ。ボチボチ続けて行きたいなぁ~と・・・思っているけど、果たして???
ということで(?)、散々と生き餌がどうのと言ってきたので、今日はその生き餌について。

↓「小赤」(小さい和金)です。 どうですか??
1d032895.jpegこれは現在、ブルーデンプシーとセベラムを混泳させてる水槽ですが、その前は、生き餌となる「小赤」のストック水槽でした。

写真の状態で200匹程度でしょうか。買ってきたばかりのところです。見慣れてしまうと、どうということはないんですが、これはこれで結構見応えがあったりしましたね。この状態から日々数が減っていき、週末には空になるという事の繰り返しでした。

金魚については前にも言いましたが、とても病気になり易いんです。狭い所に数多く入れてれば(水の汚れが激しいので)尚のことです。
(注);どんな魚でも、水質悪化は死へ直結する一大事です。
此奴等だって例外ではなく、それはそれは気を使うんです。1週間は元気でいてくれないと困るので、基本は飼っているのと変わりません(当然、餌だって与えます)。否、それ以上の気の掛けようだったかも知れません。特に梅雨時から夏場にかけてが大変でした!
何故かって、売ってる時から既に調子よくないんですよ。勘弁して欲しい事ですが、何せ生き物ですから文句も(それほどは強く店に)言えません。酷い時には、1週間の内に半数以上落ちちゃう(死んじゃう)んです。。。なので、週の半ばで買い足すとか余儀なくされたり・・・。
暑くなってきてのお約束は、薬&塩の投入でした。これを毎週(新規購入に合わせ)やるんです。死魚が日に何匹か出る場合、気が付いた都度(朝夕関係なく)、取り除きます。放っておくと直ぐに大惨事(全滅)になってしまうからです。あまりに一気に大量に死んでしまった時は(そう言う事も間々あります)、生き残りは肉食魚水槽に移してしまいます。、翌日、小赤を追加購入してきて、水槽の掃除後、全換水&もう一度薬投入というのを平日、会社から帰ってきてからやるんですね。

てなところで、今回はこの辺で~~~
PR
前の記事うぱ
次の記事とら
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
金魚すくい
金魚大量の光景はなんだか嬉しいねえ。
しかし、いくら生餌の醍醐味と入っても”救っては食わせ”の繰り返しも大変だ。

そう言えば金魚の養殖屋さんが近所にあるよ。
巨大な水槽で金魚すくいしてるよ(笑)。


くみちょう URL 2009年12月09日(水)11時24分 編集
コイの引っ掛け
タイトルを見て、「懐かしい」と思うか「なんじゃそりゃ?」と思うかで、ガキの頃にどれだけ縁日に行っていたかが分かるという物(?)

短い竿に木綿糸で繋がった3本針で、コイを引っ掛けて釣り上げるというもので、金魚すくいの3倍以上の代金でした。勿論、釣れれば持って帰れるんですが、数回しか持ち帰った事はありませんでした(笑)

で、デカイ水槽にはデカイ魚を入れたいモンですな、是非!
ドクペ URL 2009年12月10日(木)23時36分 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
- HOME -
Powered by  忍者ブログ | [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[12/07 どくぺ]
[12/07 くみちょう]
[12/05 どくぺ]
[12/05 くみちょう]
[11/24 どくぺ]
最新記事
(12/07)
(12/04)
(11/22)
(11/20)
(10/30)
最新TB
プロフィール
HN:
Drpepperは最高です
性別:
男性
職業:
リーマン
趣味:
今は魚が一番
自己紹介:
40歳越えのオヤジです。
本来はアウトドアな事が好きなんだけど、何故かここの所、インドアです。
好きなお酒も思う存分飲む事が出来ない身体になってしまい、ホント情けないなぁ~、なんて日々過ごしてるんですね。

ま、ヨロシクです。
バーコード
ブログ内検索